整体師になる方法とは?整体スクールはリーズナブルでお勧め!!

整体師になりたいと考えている人の中で、どこで整体を学ぶか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。ここでは、整体師になる為の整体スクールについて色々ご紹介します。

整体師になるには?

肩こり腰痛解消ならフットマン

はじめに、整体師になる為の資格について、どのような資格があるのか・必要であるかについて見ていきたいと思います。

整体師の資格の取得について

整体として取得出来る国家資格には、柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師の資格があります。整体師に活かせる国家資格はこれらの2つで、その他の整体に関する資格と言うのは民間資格になります。なので、実際、「柔道整復師」「あん摩マッサージ指圧師」以外の整体施術に関しては、資格を取得していなくても整体師として開業する事も可能です。しかし、整体師として活躍していく為には、整体施術に関して専門の技術やノウハウを身に付ける事が大事になります。なので、整体師になりたい場合には、民間団体が主催している整体スクールで施術の技術を身に付けたり、その団体が認定している民間資格を取得したり、団体が経営している系列の整体サロンで修業したり、色々な方法で整体に関する知識や技術を学ぶ事が出来ます。こうした順序を踏んで整体師として開業していくのが整体師になる為の王道方法になります。

「国家資格保持の整体師」と「民間資格の整体師」の違い

国家資格保持の整体師と民間資格の整体師の違いは、整体サロンで使用する事が可能な電気機器の種類に違いがあり、サロンの看板にも「整骨」「接骨」「マッサージ」と表記出来るのは国家資格保持のサロンのみとされています。国家資格の2つの資格に関しては、専門学校等で整体について学んだ後に、国家試験を受けて資格を取得する事が出来ます。

整体の専門学校について

整体の専門学校は、基本的に全日制のカリキュラムになっている所が殆どです。整体師の資格取得までに掛かる費用はおよそ200万円程度となっています。少し時間や費用は掛かりますが、しっかり整体に関する知識を学ぶ事が出来ます。

民間団体が主宰する整体スクールについて

予算的にあまりお金を掛ける事が出来ない場合は、民間団体が主催する整体スクールに通って学ぶ事も出来ます。整体の民間資格を取得する際には、民間団体の主宰する整体スクールの通学制か通信制のいずれかに通って学ぶ事が可能です。
通学制では、スクールに掛かる費用はおよそ20万円~100万円程度となっており、学習期間の長さによって金額は異なります。一方、通信制の場合には、学ぶ期間や学習開始時期を自分で自由に決める事が出来ます。スクールに掛かる費用はおよそ10万円程度となっています。

整体師になるまでの期間とは?

肩こり腰痛解消ならフットマン

では、実際に整体師になる為には、一体どの位の期間を要するのでしょうか。ここでは、その目安を具体的に見ていきたいと思います。

国家資格を取得する場合

整体師として国家資格を取得する場合には、整体の専門学校の課程を修了する必要があります。殆どの専門学校では昼夜と開校しており、基本的な授業やカリキュラムの課程は3年となっています。そして、卒業後に国家資格試験を受けると言うのが一般的です。なので、整体師になるまでには最低3年は掛かります。

民間資格を取得する場合

整体師として民間資格を取得する場合には、取得する資格の種類で期間は変わります。本格的にしっかり整体師として必要な技術、開業ノウハウに至るまで学びたい場合には、通学制スクールに通う必要があります。
通学制の期間は早くて半年、長くて2年程度となっています。その後、民間資格の認定試験を受けて、就職や開業していくと言う流れになります。通信制の場合は、自分が学ぶ受講期間や受講日程を自分のスケジュールの都合に合わせて調整する事が出来ます。学習期間は、短い期間であれば2週間程度、長くても半年程度のカリキュラムをこなしていきます。通信制に関しては学びが足りない部分もあるので、実地研修やスクーリングと言った充実した整体講座が実施されている所を選ぶのがお勧めです。

このように…

整体師になる為の方法には、2通りの学習の仕方があります。民間資格の通学講座の方が整体に関するカリキュラムが充実していたり、学習期間が短かったり、そのような観点からもお得で人気があります。基本的に民間資格では半年程度のカリキュラムが多く、資格を取得した後もスクールのしっかりしたフォロー体制も整っている所が魅力となっています。

整体スクールで取得出来る資格とは?

肩こり腰痛解消ならフットマン

前途でも述べているように、整体やマッサージを施す仕事には様々な資格が存在していますが、正確な国家資格と言うものが無いのが整体師業界です。しかし、国家資格となっている資格もあります。例えば、理学療法士、あん摩マッサージ師、柔道整復師等は、国家資格として存在していますが、それを整体に取り入れるのであれば、それらの資格が患者さんにどんな施術を行うものなのか把握している事が大事です。独学で勉強して整体師になる事も可能ですが、整体スクールで実地訓練を受けていた方が、追々自分で整体サロンを開業する際や就職に有利になります。

整体スクールで学べる事とは?

肩こり腰痛解消ならフットマン

カウンセリング能力

整体サロンでは、多くの患者さんが訪れます。患者さんは体に不調、痛み、違和感を抱えて来院してきます。症状が身体の広い範囲で発症している場合、一体自分の身体のどこがどう痛いのか説明する事が出来ない場合があります。なので、整体師は痛みの原因を探して、患者さんに最適な施術を行わなければなりません。
その際に必要なのが、カウンセリング能力です。整体師は患者さんから身体の症状に関してより多くの情報を引き出す事が大事になります。コミュニケーション能力が低いと患者さんから話を聞き出す事が出来ず、症状に合わない施術で身体の状態が改善しないと言う事に繋がります。
このように、整体師は身体を改善する為の施術を行う仕事ですが、接客業の一つでもあります。整体スクールでは、整体師としてのコミュニケーション能力やカウンセリング能力を学ぶ事が出来ます。

インターネットスキル

今の時代はインターネットが広く普及し、整体サロンでもITを利用した経営は当たり前となっています。今後、整体師として開業したいと考えている人には、自分の整体サロンのHPを作ったり、SNSを活用して宣伝したりする事は、大切になってきますよね。
新参店で一から自分の整体サロンに新しい顧客を呼び込む際にも、ITの力は頼りになります。HPや整体サロンのブログを開設して、自分のサロンを大きくアピールしたり、インターネット予約が出来るようにしたり、色々な宣伝方法で新規顧客を獲得していく事が出来ます。他にも、事務的な手続きをPCで実施したり管理したりする事も可能になるので、作業時間が大幅に節約されて、効率の良い診察や施術を行う事が出来ます。

整体スクールを選ぶ際のポイントとは?

肩こり腰痛解消ならフットマン

整体スクールを選ぶ際、スクールの費用や期間に注目する他に、一体そのスクールでどのような施術を学ぶ事が出来るのか、実地指導や講師指導は丁寧に行われているか等、自分の目的に合ったスクール選びが大切です。また、資格取得後の就職に関するサポート、開業する為のフォローアップ等、サポート体制の充実にも考慮する事がポイントです。 整体師は患者さんの体を扱う仕事になるので、いい加減な技術や施術では取り返しがつきません。整体スクール選びでは、整体の専門家である講師の整体技術、人間の筋肉や骨格、人体の構造等、豊富な知識を細かく学べる場であるかしっかり見極める事がポイントです。